交通事故を起こしてしまったほとんどの場合、
相手方の保険会社の担当者と慰謝料等について話し合いをしなければなりません。
ケガをされていれば治療に専念することが大切な時期に、
専門家を相手にさらに精神的なストレスが溜まってしまうのは良くありません。
是非、弁護士に相談をして頂ければと思います。

よくある相談内容

  • 相手方が提示している慰謝料額が適正なのか分からず不安。
  • 事故の状況について、相手方が主張している内容に納得がいかない。
  • 保険会社の担当者と何度も連絡を取り合うのは負担だ。
  • 弁護士報酬を支払ってでも依頼するメリットがあるのか分からない。
  • 後遺症が残ったため、賠償金を請求したい。
  • 過失の割合に納得がいかない。

弁護士に依頼するメリット

交渉をおこなう相手は、保険会社の担当者で、専門家を相手にきちんと主張を通せるのか不安な方も多いと思います。

弁護士に依頼することで、
相手方に正当な主張をすることができ、
慰謝料の値踏みをされたりするリスクがなくなります。

弁護士特約で依頼費はゼロに

交通事故の保険には「弁護士特約」というものが付いているものが多く、これは弁護士費用を保険会社が負担するというものです。

つまり、依頼者は金銭的な負担なく、弁護士に依頼することが可能になります。
ご自身が加入している保険に弁護士特約が盛り込まれていないか確認するようにしましょう。

交通事故被害の解決のポイント

繰り返しになりますが、やはりきちんと弁護士を立てて、毅然とした態度でこちら側の主張をしていくことが重要になります。

事故の後は、どうしても金額の調整で折り合いがつかずに揉めることがあります。また後遺症が認定されなかったり、相手が過失を認めなかったりと、精神的な負担にもなることは珍しくありません。安易に相手の要求を受け入れたり泣き寝入りをしたりする必要はありません

TOP